ロゴ(おせち)

おせち料理をお取り寄せするメリット

毎年秋口を過ぎると新聞広告などにもチラホラとおせち料理に関する広告が掲載され始めますね。
「もうそんな時期になったの」
と少し早いおせち料理に焦ったりするものですが、実は早い人なら1年前以上前から買うおせちが決まっているという人もいるらしいですよ。

お正月の節句料理として、おせちをご家庭で手作りされているところも多いと思います。しかしながら、おせち料理というのは食材の買出しから下準備、調理にいたるまでかなりの時間と労力を費やしますよね。
年末の人がごった返すお店の中を人混みを掻き分けながら多くの食材を選び、運び、持ち帰るといった一連の流れは、楽しいことではあるけれどもそれだけでどっと疲れてしまう原因にもなってしまいます。
そこからまたおせち作りがスタートするわけですから、本当に重労働です……。

そんな訳で、近年ではおせち料理を自宅で作らず店頭やインターネットを通じて購入するご家庭も増えています。
ではインターネットでおせちを購入することのメリットを幾つかご紹介します。

おせちネット注文のメリット1:自宅までおいしいおせちを届けてくれる

先にも述べたように、おせちを作るための食材を準備するだけでもグッタリしてしまい、もう作りたくないなんて思っている人も多いと思います。
そんな人にとって、インターネットでお取り寄せ出来るおせちはまさに救世主。

重い食材を運ばずとも、美味しいおせちが自宅まで届きます。
多くは送料も商品代金に含まれていますので玄関先ではおせちを受け取るだけでOKです。

おせちネット注文のメリット2:数多くのおせちから好きなものを選べる

自宅で作るおせち料理は当たり前ですがその1種類のみですよね。
しかしながら、インターネットからおせちをお取り寄せする場合、色々なお店のおせちを比較して一番好きなものを選択する事が出来ます。
お値段とボリューム、種類を見比べながら注文できるのは嬉しいですね。

おせちネット注文のメリット3:自宅では再現できない料理を楽しめる

老舗の贅を盛り込んだ豪華なおせちや、高級ホテルのおせちなど、自宅では真似のできない食材やテクニックで作られる豪華なおせちを楽しめるのもお取り寄せおせちの魅力です。
味はもちろんの事、その豪華さに圧倒されるという人も多いのではないでしょうか。
家族や親戚の集まる中で、豪華なおせちを囲んで話の花が咲くこと間違い無しです。

お取り寄せおせちを選ぶときの注目するポイントとは?

自分じゃ作れない豪華なおせち
おせち料理を購入するときは、他の料理を選ぶよりも悩みます。年の初めに食べるお祝いの料理のため、失敗はしたくありません。ふたを開けて「おぉ~凄い豪華!」と家族が喜ぶ顔を期待して探します。

選ぶポイント1:予約を入れる時期を早くすること

おせち料理を決める際に気を付けることは、予約を入れる時期です。
どれにしようか悩んでいるうちに、人気のおせち料理は早めに予約を入れないと終了してしまいます。

購入する予定がある方は、早めに検討することが大切です。
早めに予約を入れることで、1万円以上の早期割引の恩恵を受けられるのも魅力です。

とはいっても初めておせちを注文するときは何を選んで良いか悩みますよね。
そんな時は過去の口コミが参考になります。味付けや、量、おすすめ度など、利用者の体験談を参考に予約をすればよいと思います。
また、人気の定番おせちは毎年リニューアルを重ねて成長しています。迷ったら人気のある定番おせちをチョイスして、早めの予約を入れましょう。

選ぶポイント2:彩(いろどり)と味付け

ふたを開ける瞬間の感動が大切です。
完成イメージ写真などからまず「自分が食べたい!」と思うものを選べば良いでしょう。食材の赤、緑、黄色や箱の色まで総合的に判断して、好みにあう彩を選んでください。もし家族にダメ出しされたら来年に活かしましょう(^^;
でもきれいで鮮やかさも大切ですが家族に食わず嫌い持ちがいた場合、その食材は避ける配慮はした方が良いでしょう。

そして味付けは「薄味」のものを選ぶことをおすすめします。
日持ちするようにと濃い味付けで作られているものが多くあります。しかし、おせちは冷たい状態で食べるので、濃い味付けの場合、塩の味を強く感じて食材本来の味が感じにくいです。ちょっともったいないですよね。おせち料理はおいしく食べたいものです。
家族全員がおいしいと思える味付けの料理が理想です。

そのため、薄味と書かれているものを選ぶとちょうどよく作られていますよ。

選ぶポイント3:味の傾向を知る

先述の「ポイント2」の味についてさらにリサーチを進めてみましょう。

特に初めてそのおせちを注文する場合、お正月だからと奮発して普段食べない食材や味付けを選ぶ事になるかもしれません。
しっかりネットでチェックして
「食べられないものが多い!」
を避けたいものです。

食べたことがないお店の場合は、お店の所在地が1つのヒントになります。
関東ならお醤油をきかせたしっかり目の味付け、
関西~九州ならダシをきかせた甘めの味付けといった具合です。

そして気になるおせちがあれば、
「おせち名+レビュー(または口コミ)」
「おせちを作る料亭名+レビュー(または口コミ)」
で検索すると、多数ヒットします。
レビューがある商品なら、おいしかったかどうかの利用者の生の声が書かれているのでぜひご確認ください。
もう起きないと思いますが、あのおせち事件みたいな、何か良くない噂が無かったかもチェックしてください。(事件の参考

お取り寄せしてその味に問題無ければ来年は、早期割引の恩恵も受けて手間なく注文できるリピーターになれば良いでしょう。

選ぶポイント4:冷凍か冷蔵か

お取り寄せおせちが冷凍なのか冷蔵なのかで、準備にかかる時間に差があり、引いては到着希望日に影響してきます。

冷凍おせちの多くは盛り付け済みで解凍さえすればそのまま食卓に出すことができる手軽さが魅力。
しかし、段数が多くなると解凍する場所も多く必要で、解凍時間も長くなりがちです。

一方、冷蔵のおせちは自分で盛り付けをするものが多く、品数の多いおせちは結構な時間が必要になります。
盛り付けが自由という点では手持ちのお重を使って好みの盛り付けにすることができ、手作りの品と合わせてより豪華に楽しむことができます。

選ぶポイント5:段数よりもお重のサイズに注目

おせちにも2段、3段などがありますが注目すべきは段数よりも、お重のサイズ。

同じ段数でも6寸、6.5寸、8寸など大きさが違い、当然内容量も変わってきます。
特に大人数で囲む場合は1段の大きさが大きいものを選んだり、数種のおせちを組み合わせるなどすると良いでしょう。

そして見落としていけないのが、冷蔵庫のサイズです。
おせちが配送されるのは12月30日前後です。おせちを楽しむお正月までの間、冷蔵庫に保管することになります。
お重のサイズは注文前に確認することが出来ますので、保管予定の冷蔵庫にちゃんと入るか、冷蔵庫内の寸法を正確に測っておきましょう。

冷蔵と冷凍おせちの特徴を把握して購入の判断材料にしましょう

通販でおせちを取り寄せようと思った場合、冷蔵とか冷凍とか書いていることに気が付くと思います。
どちらが良いかはさておいて、特徴を知っておくのは大事なことでしょう。

冷蔵おせち(生おせち)の特徴は、冷凍に比べ味が良いと評価されることが多い

冷蔵のおせちは生おせちとも呼ばれ、名前の通り冷蔵されたおせちです。
冷凍していない分、美味しいと言われていますが、代わりにあまり保存期間が長くありません。
保存期間を長くするために、保存料といった添加物を入れているところもありますが、多くの会社では健康面を考えて使っていないようです。

長期保存が出来ないということは、作った後すぐに送る必要があります。
もしも、誕生日のように需要がある日が人によって違うのであれば、作ったその場から送って新しいものを作り初めて、と流れ作業が出来ますが、あいにくおせちは日本全国需要があるのはお正月だけになります。
ですから、大量生産が出来ないという欠点が生まれてきます。

大量生産が出来なければ、利益を得るために1つ1つの値段が高くなってしまいます。
また長期保存できないということで、到着日も大晦日にせざるを得ません。
したがって発送日が重なりますから、到着が遅れるという可能性も出てきます。

さすがに企業側も対策を考えるもので、1日でも長く美味しい状態を保つために、真空パックに詰めて送ってくるところもあります。
真空パックをすることで、保存期間を倍以上に伸ばせるようですから、単純に発送できる期間なども伸びますから、生産量も増えより安く売ることもできるというわけです。
ですが、真空パックの問題として、盛り付けは自分で行わないといけなくなるということが挙げられます。

“味で選べば冷蔵おせち”

何かと欠点が目立ちますし、実は冷凍技術の向上で押され気味の冷蔵おせちです。
しかしどれだけ技術が向上しても、冷凍に向かない食材はありますし、確かな味を求めるのであれば、冷蔵おせちの方を選んでみてはどうでしょうか。

冷凍おせちの特徴は、保存期間が長い&豪華おせちを割安で購入可能

まず、保存期間が長いということです。

肉であれ魚であれ、冷凍物の方が賞味期限が長いように、おせちも期限が長くなります。
なんだそれだけかと思われる方もいると思いますが、特におせち場合、保存できる期間が伸びるというのは重要な意味を持ちます。

おせちが必要になるのはお正月だけになりますよね。
つまり実際におせちを作るのも、正月直前になるわけです。
仮に普通に作って冷蔵保存するおせちが、1週間程度しか持たなかったとしましょう。

すると、冷蔵のおせちを販売するお店は、お正月が始まる3日くらい前からしか、おせちを作れないわけです。
発送を考えなかったとしても、たった3日しか猶予がないですから大量生産が出来ません。
大量生産が出来なければ、必然的に1つ当たりの値段は高くなります。

ですが、冷凍の場合1か月は持ちますから、冷蔵よりも大量に作ることが出来ます。
そのおかげで比較安価に販売することが出来ます。
冷凍するうえで気になるのが、美味しくなくなってしまうことではないでしょうか。

確かに一度凍らせた食べ物は、美味しさが減ってしまいますが、急速冷凍の技術向上で、味落ちを出来る限り少なくすることが出来るようになっています。
そのおかげで冷蔵おせちとあまり変わらない美味しさを保つことが出来るのです。
しかし、食材によっては味が落ちてしまうものもあるのが事実ではあります。

また解凍方法も気を付けないといけません。本来は自然解凍でいいのですが、どうしても早く解凍したいからと電子レンジなどを使うとせっかくの技術も無駄になってしまいます。

お取り寄せおせちの数も数えきれないくらい多くなりました。
その中で、選ぶのを迷ってしまう人も多いでしょう。どうしても選べない場合は、冷凍おせちを買う方が無難ではありますので、迷ったら冷凍おせちを選んでみてはどうでしょうか。

関東と関西のお正月料理の違いは?

味付けの違いがよく話題に上がる関東と関西の料理ですが、お正月を代表する料理であるおせちにも、はっきりとした違いがあります。

一番大きな違いは、祝い肴三種と呼ばれるメインの煮物・酢の物・焼き物の3品です。
祝い肴三種には、「豊作、子孫繁栄、勤勉・健康」という三つの願いが込められています。

祝い肴三種として関東で一般的なのは、田作り、数の子、黒豆の3品で、関西ではたたきごぼう、数の子、黒豆の3品です。
田作りは関西地方では「ごまめ」という呼び名が一般的なようです。

関西では上記の3品に田作りも加わって4品になることも多いです。また、関西ではポピュラーな鯛の塩焼きの「睨み鯛」は関東ではあまり見られない、関西独自の文化です。
あとは、味付けの違いも有名です。うどんのように味付けも異なり、例えば、数の子の味付けでは、関東の濃口醤油と砂糖に対して、関西は薄口醤油とだしで味をつけます。

お正月によく食べるお雑煮にも大きな違いがあり、関東では醤油や塩でだし汁に味付けたすまし汁に四角い餅が一般的ですが、関西ではすまし汁または白味噌の汁に丸餅が一般的です。
中に入れられる具も、鶏肉が入っている地域、小豆が入っている地域など、場所によって様々なようです。

地域によって異なるお正月料理。
伝統を守ることも大切ですが、たまには自分の住み慣れた地域の料理ではないものにあえてチャレンジしてみることも、新鮮で面白いかもしれませんね!

次回のおせちは東西を入れ替えて味の違いを楽しんでみるのもアリ

おせちのネット注文の良さは、全国の有名和食料理店のおせちが買える事。
売れ筋おせちを全国配送しているので、関東の人なら今年は京都のおせちを、関西の人なら今年は銀座の有名店の、など気分を変えてみるのも楽しいと思いますよ。
※料亭によっては配達エリアが決まっている場合アリ

お取り寄せを利用することにより、選択肢が広がりました

おせち料理は、お正月の日本の風物詩のようなものですが、作るのは結構大変です。

幼い頃、伊達巻や昆布巻き、栗きんとんなど、農家で忙しい筈の祖母が魔法使いのように手際よく準備していたのを覚えています。
母もそうしているのを身近で見てきたにも関わらず、自分が大人になり、同じように準備出来るかというと、なかなか難しいものです。

今の子ども達の食の好みも、昔とは違ってきてしまい、おせち料理そのものの魅力を伝えるのも難しくなってきました。
手間暇かけて準備して、あまり食べてもらえないのも寂しい気持ちになるので、ある年、おせち料理のお取り寄せを利用することにしました。

まずは、和洋折衷なおせち料理をお取り寄せしましたが、見目鮮やかな物が届きました。
ローストビーフなど、子どもも喜ぶ品揃えで、美味しいと食べていました。

それを機に、子どものおせち料理への興味が湧き、次の年は手作りを再開しました。
昔ながらの和風の物に、洋風テイストを加えて、見た目はお取り寄せには敵いませんが、それなりに好評でした。

祖母や母のように、当たり前におせち料理を作ることは難しいのですが、日本の風習として残していきたいと思います。
ただ、毎年作るのは大変なので、ある年は手作り、またある年はお取り寄せなど、いろんな年があってもいいなと思えるようになりました。

今気になるのは、コンビニのおせち料理です(^^;
お弁当やお惣菜のクオリティが格段に良くなっているので、コンビニでお取り寄せしてみようかなとも思っていますね♪

Copyright© おせち通販ネット注文☆売れ筋全国配送OKお正月料理予約2019年 , 2018 All Rights Reserved.