おせち料理とあしらい

おせち

今さら聞けない!? おせち料理のイ・ロ・ハ

投稿日:

おせち料理とは、お正月に食べるお祝いの料理のことです。
それでは「おせち」とはどういう意味なのでしょうか?

「おせち」とは、本来、暦の上での節句のことを言います。
その時に食べる料理をおせち料理と言ったため、今ではお正月の最初の料理のことをそう呼んでいます。
ちなみにおせち料理の時に使う重箱は、「おめでたいことが重なる」という意味です。
お相撲さんのちゃんこ料理と同じで、作る人によって名前は同じでも中身は異なります。

おせち料理の始まりは、平安時代の「お節伴」という宮中で行われていた行事と言われています。
ちなみにお節供とは節日に神様にお供え物をして、宴を開く宮中行事のことです。
敷居が高いものと思われがちで、なかなか若者に浸透していない。認知はされているのだが。
そのことを踏まえて最近では、スーパーやコンビニでも購入できるようになり、徐々にではあるが裾野を広げていっている。

重箱は基本的には四段です。中身の一番ポピュラーな詰め方をご紹介します。

一の重は数の子、黒豆、田作りなどの祝い肴です。

二の重はきんとんや伊達巻などの甘いものです。お子様にはここが取り合いになりそうですね。

三の重は海老や魚、焼き物などの海の幸です。

最後の四(与)の重は野菜などの煮物といった山の幸です。

おせち料理の中身にはそれぞれ意味があります。それらを次世代の子たちに伝承しながら楽しみながら食べるのがいいのかもしれませんね。

お正月料理を華やかに彩るあしらいの植物

和食の盛り付けに使うあしらいの植物はお料理に華やかな彩りを加えてくれます。
それぞれに新しい年の縁起を担ぐ意味もあります。
そのような縁起物のあしらいの植物をいくつかご紹介したいと思います。

ちょろぎ

しそ科の植物の地下茎の先の部分です。
巻貝や瓢箪のような可愛らしい形をしています。
白いちょろぎと梅酢に付けた赤いちょろぎがあります。
「長老喜」もしくは「千代呂木」と漢字で書きます。その名の通り長寿の願いを込めてお節に添えます。

南天(なんてん)

ナンテンの読み方が難転、すなわち難を転ずるということから病気や災いを避けて福となすという意味をもつあしらいです。
縁起を担ぐだけではなく実際にも南天の葉には防腐作用があります。

はじかみ

あしらいの植物でもよく見かけるのがこのはじかみです。
筆しょうがの先をを梅酢漬けにしたものです。
紅白のおめでたい色合いがとてもおせち料理と合います。
食事の箸休めにかじると口の中がスッキリします。
しょうがですので殺菌効果や食あたり防止の効果もあります。

松葉

門松やお飾りに使われている松はお正月には欠かせない縁起物です。
長寿の願いが込められています。
松に銀杏や黒豆をさして散らすとお料理を引き立てるアクセントになります。

小笹

松竹梅の竹にちなんだ縁起の良いあしらいの植物です。
小さい笹の葉はお重に詰め物の隙間に飾りとして差し込むと彩りになります。
大きな笹の葉は料理の下に敷くことでお皿の汚れが気にならなくなります。

お節料理やお正月のお料理は本来保存食の意味もあります。
そのためあしらいの植物は縁起を担ぐだけではなく、殺菌作用、防腐効果のある植物が多く使われています。
日本の食文化と共に昔の人の知恵も伝えていきたいですね。

おすすめのページ

1

毎年バカ売れしている人気おせち料理おすすめランキング2019年版です。 2018年も後半になりました。 10月~11月はおせちの早割適用期限です お得に買うなら今がチャンス! おせち通販サイトは数多く ...

-おせち

Copyright© おせち通販ネット注文☆売れ筋全国配送OKお正月料理予約2019年 , 2018 All Rights Reserved.