おせち料理の品

おせち

おせちの詰め方に順番があるってホント?

投稿日:

お正月に絶対に欠かせないおせち料理。特別な日だから豪華に食事しようではなく、色々な意味合いを持つ料理なのです。
意味合いを説明しながら、詰め方の順番を説明しようと思います。

おせち料理の由来とは

お正月は歳神様という神様迎える年で、家族の健康を祈る行事です。
その神様は台所に入らない風習があり、日持ちのする料理すなわちおせち料理を作るようになったといいます。
そういう歴史がり、現在おせち料理がお正月の定番料理となっています。

おせち料理の詰め方

おせち料理は重箱と呼ばれる箱に重ねて使うもので「幸せを重ねる」と意味合いをもちます。
元々は4段ですが、2~3段が主流となっています。
自分特有にアレンジしても大丈夫です。

ネットでおせち料理が頼める。

最近では、おせち料理をネットで注文できるようになっているのです。
自宅でおせち料理を作ろうとすると2日かかり、種類も多いのでとても大変です。
しかし、ネットで注文すると種類も豊富で好きなものを選べますのでとてもうれしいです。
時間がない方、大変だと思っている方是非ネットで注文してください。

おせち料理といえば和風

最近のおせち料理は洋風なものも出ていて、主流となってきています。
しかし、和風おせち料理はただ単に適当な素材を入れているわけではありません。
それぞれ意味合いがあるのです。その意味合いを知っていたら、普通に食べるより楽しみながら食べることができます。

おせち料理といえば黒豆

皆さんもご存じのとおり黒豆です。
おせち料理の定番の具材ですよね。見た目は真っ黒で美味しいイメージはありませんが、食べてみると甘いです。
黒豆の意味は、邪気払い、黒く日焼けするほどマメに、勤勉に働けるようにとの願いが込められています。受験生は食べるべし。

お正月にお餅を食べるのはなぜ?

お正月に欠かさない食材の一つにお餅があります。
これは鏡餅として正月飾りにするだけでなく、お雑煮にしたり焼餅にして食べたりと日本のお正月にはそれこそなくてはならないものの一つになっています。おまけにお正月の風物詩の一つに餅つきといったイベントもあるくらいです。

さて、ではなぜお正月とお餅は縁が深いのでしょうか。
それは一説によると平安時代にまで遡るそうです。
当時、お正月には固いものを食べて長寿を願う習わしがあったようで、その固いものの一つがお餅だったというワケです。
他にも干し柿や大根などがあり、とにかく平安時代の人々は固いものを食べて長寿を願っていたのです。

これは固いものを食べることができるイコール歯が丈夫ということに繋がり、歯が丈夫だからこそ長生きができると考えられていたのです。
そうして平安時代のお正月にお餅を食べる風習が、現代まで残ったのです。

ですから今でもお正月と言えば色々な形でお餅が食べられているというワケなんです。

ただお餅に長寿を願う意味が込められていたというのは、それほど一般的に知られていないのではないかと思います。
かくいう私もこれまでは何となくお餅を食べていたくちで、なぜお正月にお餅なんだろう?
と改めて考えたことはありませんでした。
でも例えばおせち料理にはそれぞれ健康や子宝などの意味が込められていますし、年越しそばにはその細く長いそばの形状から長寿の意味が込められています。
それなのにお餅だけ何の意味もないなんてことはあるはずもなく、やはり調べてみればちゃんとした意味があったということです。

おすすめのページ

1

毎年バカ売れしている人気おせち料理おすすめランキング2019年版です。 2018年も後半になりました。 10月~11月はおせちの早割適用期限です お得に買うなら今がチャンス! おせち通販サイトは数多く ...

-おせち

Copyright© おせち通販ネット注文☆売れ筋全国配送OKお正月料理予約2019年 , 2018 All Rights Reserved.