主婦おせちお取り寄せ

おせち

忙しい正月をお取り寄せおせちで楽に楽しみませんか

投稿日:

核家族化や共働き世帯が増えて、年末におせちを作る気力もない家庭はあるのではないでしょうか。
やっと来た長期休暇、何もせずに過ごしたいでも、年明けてから料理をするのも嫌だというときに役立つのはおせちのお取り寄せです。
年の初めのお正月、何もしないにしてもせめて気分だけは味わってみませんか。

どんなおせちがあるのか

おせちを取り寄せようと思ってネットを開いてみたら、その数に驚くのではないでしょうか。
重箱に数の子や黒豆、エビなどが入ったオーソドックスなものはもちろん、八角煮やフカヒレスープなんてものまで入った中華風のおせち。
イタリア風やフランス風、それとは別にキャラ物のおせちだってありますし、重箱に入ってすらいないおせちも取り寄せることが出来ます。

見た目にも楽しいですし、毎年おせち料理を食べているという家庭であっても、新鮮さを感じることが出来るでしょう。
当然、よりお正月の雰囲気を楽しむため、あえてオーソドックスなものを選ぶのもありです。
お取り寄せのおせちというのは、選ぶところから楽しめるおせちだと言えるでしょう。

取り寄せるメリット

ひとつ前でもお話ししましたが、たくさんの種類の中から選べるというのもメリットになるでしょう。
変わり種のおせちを買った場合、別途自分たちで定番の料理を作っておくこともできますよね。
実際メインは取り寄せるけれど、何品かは自分たちで作るという家庭が多いようです。

取り寄せた場合の一番のメリットと言ってもいいのが、おせち料理を作る手間がいらないことです。
おせち料理を作るのは年に1回あればいい方ですから、普段の料理とは勝手が違うでしょう。
それに、おせちを作ると言っても、普段買い置きしているものでは材料が足りないと思いますから、買い物にも行かないといけません。

そこまでたくさんの量はいらないけれど、黒豆なんか何時間単位で戻したり炊いたりしないといけませんから、すぐにできるというわけではありませんよね。
さらに何とかすべての料理を作り終え、重箱に詰め込んだとしても、料理をする過程で材料が余ってしまうということもあるでしょう。
特におせちは品数が多い分、1品ごとの量としてはあまり多くありません。

細かく材料を買えるお店が近くにあったらいいかもしれませんが、例えばニンジンは半分だけとかシイタケも2つだけとか買うことは難しいでしょう。
お取り寄せならば、買い物→しこみ→調理→重箱詰め→片付けという一日では終わらないであろう作業をスキップして、おせちを手に入れることが出来ます。
そのうえ、材料が余ってお正月中に消費してしまわないといけない、ということにもなりません。

冷蔵おせち(生おせち)と冷凍おせち

おせち料理の注文サイトを見ているときに、冷蔵とか冷凍っていうのを見たことはないでしょうか。
わざわざ説明するまでもないかもしれませんが、冷蔵おせちは冷蔵庫で保管するもので、冷凍おせちは凍っているため冷凍庫で保管することになります。

冷蔵おせちの利点は、届けられたときにすぐ食べることが出来る事です。
見方によってはわざわざ解凍する手間がかからないとも言えます。
また味としても冷凍よりも美味しいものがあると言われています。

冷蔵おせちのデメリットは、長期保存が出来ない事です。
この点は意外と大きく、長期保存が出来ないため、おせちを作る期間が短くなります。
大量生産できないということになりますから、一つ当たりの金額は高めになることがあります。

冷凍のおせちの場合、保存可能期間が長く、冷蔵おせちよりも大量に生産できるため比較的安価になります。
宅配する場合にも、大晦日などギリギリでなくてもいいため、余裕があるときに受け取ることが出来るのもメリットでしょう。
また、最近は冷凍技術の向上で、一度凍らせても味がなかなか落ちなくなりました。

デメリットは、解凍を待たなければ食べることが出来ない事です。
その時に急いで解凍しようと電子レンジなどを使うと、味が悪くなってしまうため自然解凍をするのが良いのですが、そうなると時間がかかってしまいますよね。

お取り寄せおせちの選び方

通販でおせちを取り寄せるとき、あなたなら何を見て決めますか。
もしかして写真だけを見て、選んでいないでしょうか。
アレルギーがあれば、アレルギー表示は見るかと思いますが、実は適当に選んだという人もいるかもしれませんね。

もちろん写真も選ぶための重要な基準になりえますが、届いたおせちが思っていたものと違っていたとならないように、選ぶときに見るべきポイントを考えていきましょう。
選び方と言っても気に入ったものを選べばいいのですが、写真と違っていたとならないように、まずは内容量を見てください。
何が何個入っているのかとか、重箱の大きさはどれくらいなのかとか、この辺りをちゃんと確認していたら、量が少なかったということにはならないでしょう。

それから冷凍おせちを買う場合には、冷凍方法を確認してください。
技術の向上で味が落ちにくいと言いましたが、それは急速冷凍と言って、細胞の組織を壊してしまう温度帯を一気に抜けて凍らせるからです。
多くのところで使われているとは思いますが、中には普通に冷凍しただけのものもあるかもしれませんので、見ておくのは大事なことです。

お取り寄せのおせちを販売しているところは、公式サイトがあると思いますので、買うと決めてしまう前に公式サイトを覗いてみることをお勧めします。
サイトが充実している方が消費者のことを考えていると言えるため、細かい情報が見られるところを選んだ方がいいでしょう。
例えば前述した数量であったり、食材の産地であったり、保存料の有無であったりと、安心安全に気を使う人が欲しいと思うような情報がすべてあることが望ましいですね。

あとは単純に長年お取り寄せのおせちをやっているところや、人気の高いところはある程度信頼して大丈夫でしょう。
食品を扱いますから、長年続けられるということはそれだけ、安全に気を使っているということですし、味も問題ないはずです。

気を付けてほしいのが口コミやレビューの扱いです。
参考になるのは確かですが、中には高評価のレビューを書くと値引きになるというサービスを行っているところもあります。
ですから、レビューが良い評価へと偏ることも考えられます。

もちろん本心でよかったと思って書いている人もいるはずですから、すべてを蔑ろにはできませんが、口コミやレビューを参考にするときには、それだけを判断材料にしないように気を付けてください。

お取り寄せおせちを安く買う方法

安全でおいしいものが食べたいけど、値段が高くなるというのは仕方がないことかもしれません。
良いものが高いというのはわかるけれど、出来るだけ安く買いたいのが人のさがではないでしょうか。
そこで知っていてほしいのが早割の存在です。

名前の通り早めに注文したら割り引かれるというサービスですね。
中には30%も割り引かれるところもあり、仮に2万円のおせちを買おうと思ったら、6000円引きになるわけです。
この早割ですが、多くの会社で実施しているようで、注文時期が早ければ早いほど割り引かれる額も大きくなります。

早いところは9月末までの注文でというところもありますので、今年のおせちは取り寄せようかと考えているならば、9月のうちから探してみるのが良いかもしれませんね。

技術の向上で美味しいままのおせちを取り寄せることが出来るようになりました。
今まで時間がなくて、おせち料理を作れなかったという人も、来年のお正月は美味しいおせちを食べながら過ごしてみませんか。

おすすめのページ

1

毎年バカ売れしている人気おせち料理おすすめランキング2019年版です。 2018年も後半になりました。 10月~11月はおせちの早割適用期限です お得に買うなら今がチャンス! おせち通販サイトは数多く ...

-おせち

Copyright© おせち通販ネット注文☆売れ筋全国配送OKお正月料理予約2019年 , 2018 All Rights Reserved.