豪華なおせちを通販サイトで注文

おせち

おせちの通販は毎年グイグイ人気上昇し質も向上中

投稿日:

ただでさえ忙しい年末に、おせち料理を作っている余裕がないという家庭も多い事でしょう。
そこで助かるのがおせちの通販です。すでに利用したことがある、毎年利用しているという家庭もあるかとは思いますが、今一度通販のおせちについて考えてみませんか。

いうまでもなく、最大のメリットは時間の節約にあるでしょう。
家でおせち料理を作ろうと思ったら、あまり人数の多くない家であっても、2日程度はかかるとみていた方がいいです。
それが注文した後は受け取るだけになるわけですから、特に忙しい年末には大助かりと言っても過言ではないでしょう。

またおせちと言ったら、たくさんの品数がありますよね。
そうなってくると、1つ1つの料理の量自体は少なくなってきます。
大家族ならまだしも、核家族化が進み家族の人数が少なくなってきた現代において、一家庭でおせちを作ろうと思ったら、確実に材料が余ります。

しかし通販で買ってしまえばそういう心配もいらなくなるのです。

おせち通販の種類

○○風とか高級志向などに分けていくと、おそらく膨大な量のおせち量が出てくると思います。
しかし通販におけるおせち料理は、届いたときの状態で大きく2つに分けられます。
1つは生おせちともいわれる「冷蔵おせち」で、もう1つが「冷凍おせち」です。凍っているかどうかって話ですね。

今では冷凍の方が主流になりつつあるらしいですが、それぞれのメリットデメリットを簡単にまとめておきます。
まずは生おせちこと「冷蔵おせち」からです。
冷蔵おせちのメリットは、何といっても届いた後すぐに食べられることです。

これをメリットと言っていいのかはわかりませんが、冷凍と比較した場合は十分にメリットと言えるでしょう。
また一般的に冷蔵おせちの方が美味しいと言われています。
デメリットはまず、長持ちしないことです。
特に保存料を使わないものだと、健康にもいいですが長期保存には向きません。

長期保存できないため、届くのが12月30日や31日になるのもつらいところだとは思います。
制作側から見ても、長期保存がきかずに短期間しか猶予がありませんから、作る数も限られ料金的には高くなってしまいます。

冷凍おせちのメリットは、なんといっても長期保存に耐えうることでしょう。
冷凍によって保存性を得ていますから、添加物なども少なくなるのだそうです。
保存がきくため冷蔵おせちよりも数は作れますから、値段的にも安くできますし、受け取りも余裕をもって行うことが出来ます。

冷凍したせいで味が落ちると思われがちですが、急速冷凍技術のおかげであまり味が落ちることもなくなりました。
冷凍おせちのデメリットは、解凍するまで食べられない事でしょう。
ある意味で手間がかかると言えるかもしれません。

また味落ちはしなくなったとはいえ、解凍方法を間違えると急激に味が悪くなる恐れがあります。通常自然解凍しておけば問題ないはずですが、早く解凍しようとレンジなどを使うと良くないでしょう。
どちらの方がいいというのは、人によって変わってくると思いますが、もしもどちらがいいかわからないというのであれば、冷凍を買ってみてはどうでしょうか。

急速冷凍について

ここで簡単に急速冷凍について説明しておきます。
そもそもなぜ冷凍して味が落ちるかというと、冷凍するときに細胞の組織が壊されて、解凍すると傷ついた細胞からドリップと呼ばれる水分が抜けます。
水分を失い組織が壊れた食品はふにゃっとして触感が失われるだけでなく、ドリップの中にうま味なども含まれているため、味わいも落ちてしまうわけです。

冷凍するときに細胞を壊してしまう温度というのが-1℃~-5℃と言われていて、急速冷凍はこの温度を一気に抜けてしまうため、味が落ちにくいのです。

通販おせちを安く買うために

通販でおせちを買う場合、ちょっと値段が気になりますよね。
安いものは確かに安いですが、あまり安いものを買いたくはないし、かといって高いものになると数万としますから、しり込みしてしまいます。
そこで思い出してほしいのが、早割です。

その名の通り早く注文しておいたら、安くなるという制度ですね。
飛行機にも似たような制度があります。
早ければ早いほど割引率が高くなり、早いところだと9月末までに注文したら割引というところもあるようです。

その時の割引率はだいたい30%前後といったところでしたでしょうか。
元の値段によって具体的な額は変わってきますが、仮に2万円のおせちだった場合には6000円ほど割り引かれる計算になります。
飛行機とは違い、お正月がなくなることはないですから、気は早いようですが9月ぐらいからどこに注文するかを考えていたらいいかもしれませんね。

どこに頼むのが良いか

おせちの通販というのは、ほかの食品を通販するときと比べて、ここが良いと言いにくい問題があります。
理由の1つとしては、おせち専門店がない事です。
餅は餅屋と言いますし、その商品を専門に扱っているところがあれば、そこを選ぶのが無難だと言えるのですが、おせちはそういうわけにはいきません。

しかし長年おせち通販やっているところもあるでしょうから、そういったところは安心だと言えるでしょう。
ほかにも選ぶポイントとしてサイトの充実度もあげられるでしょうか。
食品ですから、安さと同じくらい安全性にも注目したいところですよね。

ですが、通販だと届くまで成分表が見られない、という可能性もありますし、産地なども気になるところです。
公式サイトで、そういった細かいところまで記載がされているか、というのも判断材料になります。
細かく書いているということは、その分消費者のことを考えているのだとも受け取れますよね。

あとは写真に騙されないことも大事です。
写真とはすごいもので、撮り方しだいで被写体の印象がガラッと変わります。
要するにたくさん入っているように見えるおせちが、そう見えるように撮られただけの可能性があるわけです。

ですから、写真により見た目だけではなく、ちゃんと何が何個入っているのかを前もって確認できるといいでしょう。
量という話だと、思っていたよりも小さかったという話があるようです。
写真で見たときには、もっと大きかったと思ったのに、ということですが重箱の大きさも記載されていると思いますので、それを見て実際はどれくらいの大きさなのか把握しておくのも大事でしょう。

ありきたりではありますが、売れているおせちを買うのもおせち選びに失敗しないコツと言えそうです。
最後に冷凍おせちを買う場合は、冷凍方法も確認しておいてください。急速冷凍が主流にはなっていますが、すべての会社で導入しているとは限りません。

大きさの目安

注文するときに何人前など書いてあると思いますが、最後に一応サイズの目安をまとめます。
8.5寸三段重ならばだいたい5~6人前になります。
6.5寸三段重は3~4人で、小さめの二段重が2~3人前なのだそうです。

しかし、正月におせち以外の料理が出てくる家庭もあるでしょう。
その場合には、6.5寸であっても5~6人前あると考えた方がいいです。
逆にたくさん食べる人が多い場合には、少し大きめのサイズを買っておいた方がいいでしょう。

おすすめのページ

1

毎年バカ売れしている人気おせち料理おすすめランキング2019年版です。 2018年も後半になりました。 10月~11月はおせちの早割適用期限です お得に買うなら今がチャンス! おせち通販サイトは数多く ...

-おせち

Copyright© おせち通販ネット注文☆売れ筋全国配送OKお正月料理予約2019年 , 2018 All Rights Reserved.